バリスターナイロンとは?

アメリカのインビスタ社が作る生地の中でも、アウトドアや耐久性を求められるシーンに使われる「CODURA®︎バリスティックナイロン」。防弾チョッキにも採用されるほどの強靭なスペックは、生地の中でも最強クラスをほこり、ミルスペックながら一般のさまざまな商品に活用されています。

バリスターナイロンは、そんな強靭なミルスペックを、国内で作り出した日本製の生地。しかも2520Dという、一般に流通しているバリスティックナイロンより太い糸を使用して、より頑強に作られています。

国内で生産されるなかでも最強クラスの強度を誇るこの生地は、カタログスペック以上にカバンという製品に落とし込まれた時、その魅力を発揮します。そんなバリスターナイロンの魅力を紐解いていきましょう。

生地の強さは、糸の強さ

WONDER BAGGAGE のバッグに使われている素材、バリスターナイロンは国内生地では最強クラスの強度をもつ生地です。

生地を作る糸は、元々アメリカで軍事用に使用されていた「超強力糸66ナイロン」を撚って使用。糸の太さ(質量)を示すデニール数(以下D)が2520Dもあるということは前述しましたが、その数値がどれほどすごいのか、比較として一般的な420デニールのナイロンの、等倍比較画像を用意しました。一見して、糸の粒の大きさが圧倒的に違うのがわかるかと思います。

おおよそ等倍での画像比較。バリスターナイロンは糸が太いので織り目の粒が大きい。

生地を作る糸の強さは、そのまま生地の強さに繋がります。また、その佇まいはそのまま製品の見た目にも繋がり、独特の存在感を醸し出します。

一般的なナイロン生地は薄いもので210D、通常で420D、厚いもので1000D程度であり、2520Dという数値は通常のナイロン(420D)と比べると6倍もの強度を示す数値になっています。

バリスティックナイロンと呼ばれるものはおよそ1680~2100D。通常と比べて4~5倍。それらの数値を超えたバリスターナイロンは国内だけでなく、世界的に見ても非常に高い強度をもった素材だということがわかります。

余談ですが……メディアで見かける比較記事にある「通常ナイロンの**倍」という表記は、基準のナイロン生地のデニール数によって倍数がことなることになります。つまり、同じ5倍でも、薄い210Dを基準とした場合なら1050D。420Dを基準としたなら2100Dになるわけなのです。

深く調べてみると、この5倍の数値が各メーカーバラバラだったりするのは「通常の基準」がバラバラなためなのでしょう。

(※)デニール:1Dは9000メートルの糸の質量をグラム単位で表したもの。

スペックの紹介

バリスターナイロンは、日本の生地メーカーが作っており、公的機関において、さまざまな比較テストが行われている。

公的機関を利用した比較データー表
上のデータ表から3項目を抽出した図

表からもわかる通り、一般的なナイロン素材(420ナイロンオックス)と比べても、数倍の強度を持つバリスターナイロン。防弾チョッキにも採用される強靭さは、目を見張るものがあります。また、ナイロンの弱点でもある熱による溶解に対する耐性にも優れているのも、バッグブランドとしては見逃せません。

約800度のタバコ押し当てテストでは、30秒間も貫通せずに保ったというデータも。さまざまなシーンで出くわす「思わず」という場面でも、安心して使える素材ということが、こうした様々なスペックからわかっていただけるかと思います。

検証

前述の数値は、公的な検査期間における検証です。改めて、その強靭さを理解するために、簡易的ではありますが、WONDER BAGGAGEが独自に、420Dナイロンとの比較をおこないました。

引っ張り強度テスト動画

  • 検証方法:同じ長さに切った生地片を機械により引っ張る。
  • 検証結果:420Dは破断。バリスターは計測機械の強度不足により測定不能
  • 過去に行った検査で、正確な数値がデータとして残っていないため、不正確な情報になりますが、バリスターナイロンは何度計測し直しても固定部分の強度が足りず、抜けてしまう結果に。

溶解テスト動画

  • 検証方法:生地片を、蝋燭の炎(約1000〜1500度)に当て穴が開くまでを記録。
  • 検証結果:420Dはすぐに融解後、炎上。バリスターはゆっくりと融解し、穴が開いた。
  • タバコよりも早く融解したが、極端なテストなためそれも当然。融解までにも時間があり、例えば熱源の近くに置いてしまって溶けることや、タバコが当たってしまっても、それほど問題はなさそうだ。

防刃性能テスト動画

  • 検証方法:生地片をカッターナイフで切りつける
  • 検証結果:420Dは切れた。バリスターは複数の切りつけにも耐えた
  • 複数回の切りつけは、通常時よりも力がかかりにくいとはいえ、糸自体の強靭さを見せつけられた。このあと、男性スタッフがさらに同じ箇所をなぞると切り裂くことができたが、ゴムのマットがあり体重をかけるなど、よほど力のかかる状況でなければ切り裂かれることはなさそうだった。

経年変化を楽しめるナイロン

バリスターナイロンは国内で製造されており、その優れた技術により、糸を生地にしていく過程の打ち込み密度、精度も高くなっています。そのため、生地自体にハリとコシが現れ、バッグにするとビジネスシーンでは必須の自立性が高く仕上がります。

また、そうした精錬された技術・素材で作られたバッグは結果、高級感のある表情が生まれます。そしてバリスターナイロンは、使い込む程に、少しずつ柔らかくなり、使い手に馴染んで行くという、ナイロンとしては珍しい、経年変化をする素材でもあります。

耐久性のあるバッグだからこそ、長く連れ添う相棒のように。ほかでは替えのきかないあなただけのバッグに。

経年変化をしたバリスターナイロンの表情についてはこちら

別ウィンドウでデイパック比較ページが開きます

お手入れ方法

日常的なお手入れは基本必要ありません。汚れた場合はお手入れページで紹介している方法をお試しください。

別ウィンドウでお手入れ方法ページが開きます
バリスターナイロン使用の商品一覧はこちら

TOP