世界最強クラスの強度
国産バリスターナイロン

ワンダーバゲージのGOODMANSシリーズでメインに使用されているバリスターナイロン。国内で生産されるなかでも最強クラスの強度を誇るこの生地は、カタログスペック以上にカバンという製品に落とし込まれた時、その魅力を発揮する。

しかし、今回はそのバリスターナイロンの生地にスポットを当てて、詳しくその高い強度の秘密と魅力を紐解いていこう。

スペック

簡易比較データ

公的機関を利用した比較データー表も存在する。

表からもわかる通り、一般的なナイロン素材(420ナイロンオックス)と比べて、数倍の強度を持つバリスターナイロン。防弾チョッキにも採用される強靭さは、目を見張るものがある。また、ナイロンの弱点でもある熱による溶解に対する耐性にも優れている。

約800度のタバコ押し当てテストでは、30秒間も貫通せずに保ったというデータも。さまざまなシーンで出くわす「思わず」という場面でも、安心して使える素材ということが、こうした様々なスペックからわかっていただけるかと思う。

生地の強さは、糸の強さ

WONDER BAGGAGE GOODMANSシリーズに使われている素材、バリスターナイロンは、国内生地では最強クラスの強度をもつ生地だ。

生地を作る糸は、元々アメリカで軍事用に使用されていた「超強力糸66ナイロン」を使用しており、糸の太さ(質量)を示すデニール数(以下D)は2520Dという数値を誇る。

以下のように、一般的な420デニールのナイロンと比べても、糸の粒の大きさが圧倒的に違うのがわかるのだろう。

上:バリスターナイロン 下:420ナイロンオックス

一般的なナイロン生地は薄いもので210D、通常で420D、厚いもので1000D程度であり、2520Dという数値は通常のナイロンと比べると6倍もの強度を示す数値になっている。

海外生地メーカーのバリスティックナイロンと呼ばれるものはおよそ1680~2100D。通常と比べて4~5倍。それらの数値を超えたバリスターナイロンは国内だけでなく、世界的に見ても非常に高い強度をもった素材だということがわかる。

余談として、メディアで見かける比較に「通常ナイロンの**倍」という表記があるが、当然ながら基準のナイロン生地のデニール数によって、倍数の数値は異なってくる。

つまり、同じ5倍でも薄い210Dを基準とした場合なら1050D。420Dを基準としたなら2100Dになる。調べてみると、この5倍の数値が各メーカーバラバラだったりするのは「通常の基準」がバラバラなためだろう。

(※)デニール:1Dは9000メートルの糸の質量をグラム単位で表したもの。

経年変化を楽しめるナイロン

この非常にタフな素材、バリスターナイロンは国内で製造されており、糸を生地にしていく過程のナイロンの打ち込み密度、精度も高い。そのため、生地自体にハリとコシが現れ、カバンになったときに自立性が高く仕上がる。結果、高級感のある表情が生まれる。

そして使い込む程に、少しずつ柔らかくなり使い手にさらに馴染んで行く、ナイロンには珍しい経年変化をする素材でもある。

実際に、WONDER BAGGAGEのGOODMANS DAYPACKをスタッフが6年間使用したものとの比較を、オフィシャルストア「BATON STORE」で見ることができる。

その強度証明と、経年変化が表れた柔らかな表情をご覧いただきたい。

TOP