大人が持てるバックパック

この夏、バックパックの本体素材をバリスターナイロンから
ナイロンツイルへと変更したバックパックが数量限定で発売されました。

耐磨耗や耐久性の面をみるとバリスターの方が部がありますが、
しなやかでハイグロスなナイロンツイルは都会的な印象を与えてくれます。
重量もさらに軽量になっているので持ち運びも気になりません。
思いっきり荷物を詰め込んで使用できます。

そして今回のモデルで拘っている点がバックルの素材。
プロパー製品は樹脂バックルですが、これは金属バックルを使用。
正直、樹脂製の方が重量や強度、脱着の面から見ても容易なんです。
しかし金属の持つ存在感、ナイロンツイルとの相性があまりにもよいので採用しました。
ナイロンツイルとニッケルバックルの組み合わせはある種、普遍的なアイコンであるともいえます。

ほかにある細かい仕様点は、
タグが通常の生成り色からブラックタグへと変更。
ハンドルは革を使用しています。

そんなナイロンツイルを使用した限定モデルのカラーは3種類。
上品にも遊び心のあるカモフラ柄はストリートでも落ち着きのあるスタイリングをカバー。
ブラックとネイビーはさらに上質な印象を与えてくれます。
どのカラーも大人が持てるバックパックに仕上がりました。

普段ガシガシつかって耐磨耗をもとめるなら、通常品のバリスターモデル。
対して上品なスタイルで、より軽量性をもとめられるなら限定モデルがおすすめします。
いずれも一泊二日程度の旅行ならまったく問題なく収納可能です。
ぼくは3泊4日の旅行にこのかばんを持っていきました。(サブとしてリラックストートも携帯)

この夏、ちょっとした旅行にこのバックパックを連れて行ってはいかがでしょう。

IMG_3670

IMG_3664

IMG_3667

IMG_3663

IMG_3673