マチ幅の寸法

鞄のサイズってどうやってきめてるんだろう。

特にマチ幅は縦と横に比べていつも悩みます。(袋モノの場合)
縦横のサイズはノートやPCなど、入れるアイテムから数字を割り出したりしますが、
マチ幅は10mm増やすだけでもグッと見た目も収納量も変わってくる割に、その理由が見当たりません。

鞄のタイプにもよりますが、ビジネスでは90mmなどがおおく、カジュアルトートだと140mmにも広がります。
だけどルールではありません。決め手がないわけです。最大公約数的に見た場合に落ち着く寸法なのかな?

僕はそんなところに目を向けてみたりすることが、「考えをフラット」にするということにしています。
といいながらも、ワンダーバゲージの現行アイテムのマチ幅は140mm(トートとツールバッグ)だったりするんです。
プラスワンの収納力を確保することが必要だったのが理由です。
実際120mmだと収納力物足りず、150mmだともった時のバランスが崩れることがサンプル上で確認できました。
(タテヨコの比率や用途、目的が異なると、当然この検証は当てはまりませんが。)

はじめからのお決まり寸法を採用するのではなく、なぜそうなったのかを見つけだすことが大事だと自分に言い聞かせました。

 

1302wb_good_detail070